シラグラ

シラグラ 効果シラグラ(一般名:シルデナフィル)は、インドのジェネリック医薬品で筆頭格の製薬会社シプラが製造販売する錠剤タイプのED(勃起不全)治療薬です。ジェネリックですのでファイザー社のバイアクラと同じくシルデナフィルを主成分としており、同じ効果を期待できます。持続時間が短いと言っても、4~6時間は強く反応しますので、性行為には十分な時間であり、効き目がある内は何度でも性行為を行えるパワーが人気の理由です。 バイアグラのジェネリックになるため、価格が安いのも大きなメリットです。

シラグラ主要成分・効果


シラグラの主成分であるクエン酸シルディナフィルは、狭心症の治療薬の成分として開発されたものが、勃起不全にかなりの程度の効果を見たことから、ED治療薬としても脚光をあびました。主成分にシルデナフィルを含有しており、EDの主な原因である酵素PED-5阻害剤に分類され、この働きで血管拡張により血流を劇的に改善する効果をもっています。シラグラの効果は、有効成分が同じバイアクラとほぼ同様です。服用することでサイクリックGMPの分解を抑制しPDE-5を阻害して血管を拡張させることで陰茎の血流を増量し勃起を促します、勃起不全(ED)の改善に繋がります。また効果には即効性があり、服用後30分〜1時間ほどで勃起促進効果を実感する事ができます。

シラグラの飲み方


シラグラ 飲み方シラグラの服用方法は、基本的にはバイアグラと同様で、空腹時に服用するのが効果的で、食前の30分前くらいの服用がお勧めです。1日の最大服用量は、1錠で、1錠50mgの錠剤と、100mgの錠剤があります。 最大服用量は100mgとなります。1度服用した後は、次の服用まで24時間空ける必要があります。 服用する際には、基本的に水やぬるま湯で飲みましょう。 また、大量の飲酒後に服用すると効果が低下したり、強い副作用が現れる事がありますのでご注意下さい。

シラグラ副作用


バイアクラ同様、顔のほてり・頭痛・吐き気・消化不良・目の充血・紅潮などの報告があります。使用者の9割以上の人に現れます。これらは、シルディナフィルの血管拡張作用によって引き起こされるもので、使用すると必ず起こるような弱い副作用です。

健康な成人男性が服用する場合はほとんど副作用は起きないとされており、起きたとしてもほてりや頭痛など軽症で済むことが多くなっています。しかし、クエン酸シルデナフィルには血管拡張作用があるので、低血圧や高血圧の人、心臓病の薬を常用している人は、重篤な副作用を起こす可能性がありますので、服用の際は必ず医師に相談して下さい。