ED治療薬シアリス

シアリス 通販シアリスは2003年にアメリカの大手製薬会社イーライリリー社から開発されたED(勃起不全)治療薬です。バイアグラとレビトラに続き開発された第三世代のED治療薬として、日本では2007年に認可され、イーライリリー社とライセンス契約を結んだ日本新薬から5mg、10mg、20mgの規格で製造販売が開始されました。現在日本で認可されているED治療薬の中では一番新しい薬になります。

バイアグラやレビトラとの大きな違いは「効果の持続時間が36時間も続く」ことです。バイアグラが約4時間~5時間で効果が切れるのに対しシアリスはその7倍もの持続時間があります。また食事の影響を受けにくいため、使用のタイミングを選びません。

シアリスの成分・効果


シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。シアリスはバイアグラやレビトラと同じくPDE-5阻害薬であり、その効果や効能はほとんど同じであるといえます。

シアリス 成分

男性器が勃起するには、cGMPという成分の働きによって血管が拡張されなければなりません。これによって血液が多く流れることで、男性器は正常に勃起します。しかし、PDE-5という酵素はcGMPを壊す働きがあるため、これが活発になると血管が拡張されずうまく勃起しなくなります。これがEDの原因です。シアリスの有効成分タダラフィルは、この酵素の働き過ぎを抑制することで、環状グアノシン一リン酸がゆるやかに働くよう作用し、正常な勃起を維持出来るようになります。

シアリスの特徴


シアリスの有効成分であるタダラフィルは、ほかのED治療薬とは大きく異なる特徴を持っています。それが、持続時間の長さです。0mgタイプで20~24時間、20mgタイプで最大に36時間効果が持続できます。海外では週末に飲んで休み中はいつでも好きな時にの意味から『ウィークエンド・ピル』の愛称で呼ばれており、フランス等では、バイアグラやレビトラを抜いてED治療薬のトップシェアになっている人気薬です。

また、バイアグラやレビトラは、食事の影響を受けるED治療薬です。腹7分目までの食事に抑えた後、2時間から3時間ほどの時間を空けないと効果の半減がみられます。それに対してシアリスは、比較的食事の影響を受けにくいED治療薬です。シアリスは最後発のED治療薬ということで、食事やアルコールに対しても一番寛容な治療薬となっています。脂分の多い食事を摂っても、アルコールを飲んで吸収が阻害されにくくなっていますが、シアリスは食事の影響を受けないと言われておりますが、それは間違いです。食事には800kclという制限がついていることを覚えておいて下さい。やはりシアリスも食前の空腹時に飲むことをお勧めいたします。

シアリス 効果

シアリスの飲み方


性行為を行う3時間ほど前に、シアリス(20mg)を水またはぬるま湯(200ml)で服用してください。初めて服用する際は、錠剤をピルカッターを利用して半分に割ったもの(10mg)を服用することをおすすめします。シアリスは食事の影響を受けにくいですが、800kcl以上の食事を摂ると効果が薄くなることがありますので空腹時に服用されることをお勧めいたします。アルコールに関しては、過剰な摂取ではない限り特に問題はありませんが、なるべく控えた方が高い効果が期待できます。

シアリスの副作用


シアリスの副作用としては、血管拡張作用による頭痛やほてりなどが報告されているほか、潮紅、目の充血、消化不良、肝機能異常、背部痛、筋痛、四肢痛、頭痛、めまい、鼻閉、鼻炎、疲労、倦怠感などがあらわれる場合もあります。これらの副作用は、2~3割ほどの人に現れるとされています。これらの副作用は一時的なものですので、ほとんどの場合は時間の経過ともに治まってきます。万が一心配な場合は医師に相談するようにしましょう。