バイアグラの成分

バイアグラの成分

バイアグラの有効成分はシルデナフィルと言います。

有効成分のシルデナフィルは狭心症の治療薬として開発が進められていたのですが、残念ながら治療に対する有効性が見られませんでした。そこで被験者へ試験薬を返すように催促をしたのですがなかなか応じませんでした。その理由こそ実は「勃起を促進させる」ことだったのです。

これを知ったファイザー製薬のスタッフは狭心症の薬からED治療薬として再び開発を始め、見事1998年に発売される運びとなりました。ご存知のように大ブームを巻き起こし、わざわざ海外に行き購入される方も。そして異例中の異例で、翌年の1999年には承認されて日本でも処方が可能となったのです。

シルデナフィルがED治療に効果的な理由として、PDE5を阻害する働きがあることがあげられます。「PDE-5」は、勃起したペニスを弱らせて勃起の働きを抑えてしまう作用がある、ED(勃起障害)の原因ともいえる酵素です。男性が性的な刺激を受けると一酸化窒素が放出され、男性器でcGMP(環状グアノシン一リン酸)が増産されます。cGMPには血管を拡張させる作用があり、これによって男性器に血液が流れ込むことで勃起が起こります。しかし、ずっと勃起が続くのは危険であるため、どこかで勃起を収める必要があります。そのために、cGMPを壊す作用があるPDE5という酵素が放出されるのです。

バイアグラの成分

ED患者の場合、さまざまな理由からcGMPの放出量が少ないため、相対的にPDE5の量が多くなってcGMPを余計に壊してしまいます。そのため、シルデナフィルによってPDE5の働きを阻害することで、正常に勃起できるようになるのです。

バイアグラは勃起障害の治療薬です。つまり「バイアグラを飲めば自然と興奮する!」わけではありません。興奮するのは、あくまで脳からの指令。薬で気持ちを高揚させるものではないので、覚えておきましょう。

肺動脈性高血圧症の治療薬

シルデナフィルはED治療薬のバイアグラだけではなく、肺動脈性肺高血圧症という病気の治療薬としても使われています。この肺動脈性肺高血圧症は指定難病にもなっており、現在も治療法について研究がすすめられているのです。

その肺動脈性肺高血圧症の治療薬として使われているのがレバチオです。こちらももちろんですがファイザー製薬から販売されています。薬局では販売されていないので必ず医療機関へ行かなければいけません。剤形としては錠剤のほか、ODフィルムとドライシロップも揃っています。ODフィルムに関しては2016年10月にバイアグラにも発売されたのでこれを応用したのでしょう。

用量は1日3回、20mgを服用します。これはバイアグラの最低用量である25mgよりも少ないです。その作用は肺動脈の平滑筋を弛緩し、肺動脈圧と肺血管抵抗を低下させてかかっていた負担を無くします。使用禁忌薬もほとんど同じで、硝酸剤を一緒に使ってしまうと過度な血圧低下を招くので注意をしましょう。