バイアグラの購入方法

バイアグラの購入方法

バイアグラを購入する方法として日本国内で可能なのは、下記の2つになります。

①病院処方

②海外医薬品の通販

バイアグラを入手するためには、病院で診察を受けて処方を受ける必要があります。総合病院では、泌尿器科がごく一般的な窓口です。大きな病院の泌尿器科ではED専門外来を設けているところもあります。

また、内科での治療とED治療薬の処方をおこなっているところもあります。ED治療薬との併用禁忌薬は内科系の薬が多いことや、糖尿病や高血圧などの内科系動脈硬化性疾患の初期症状のひとつとして、EDになることが考えられるためです。

その他には、心療内科でも治療を行なっていることがあります。ストレスや緊張、不安などから来る心因性のEDがとても多いためですが、全ての心療内科で治療をおこなっているというわけではありません。事前にHPなどを確認していくのがいいでしょう。

病院で処方される場合、医師の指導のもとで処方されますので、併用できない禁忌薬などの説明など服用に関する詳細まで確認ができます。始めてED治療薬を服用する場合など心配な点がある方には病院での処方をお勧めします。

しかし、バイアグラは保険適用外の医薬品で、一般的な風邪薬などよりも価格が高く、病院が自由に価格を決められるので価格のばらつきもあります。バイアグラを病院で処方してもらう場合、50mgなら1錠1,600円、100mgなら1錠2,000円程度が相場です。それ以外に病院の初診料と診察費用が発生するので、1万円前後はかかると考えておきましょう。病院で診察して処方してもらうためには、自分の症状を医者に説明して診察をしてもらわないといけないので、恥ずかしいと感じる方も多いと思います。また、診察の結果、バイアグラを処方してもらえない可能性もあります。

バイアグラ 個人輸入

海外医薬品の通販

そうした病院処方でのデメリットを考えずに購入できる方法として、海外医薬品の通販はとてもおすすめです。

海外通販においても輸入を代行してくれる通販サイトによって微妙な価格の差はありますが、それでも病院処方よりははるかに安いです。また、病院処方のように通院の手間もなく、受付で待たされ時間を浪費する事もありません。通常の通販と同様でインターネット環境さえ整っていれば誰でも簡単に利用することができるので、時間に追われる生活をしている日本人にとっては通販で購入する方法が適していると考えらます。

これはバイアグラに限らず、レビトラやシアリスにも同様なことが言えますし、バイアグラに拘りがないという場合、通販を利用する事でバイアグラやレビトラ、シアリスなどのジェネリック医薬品を購入することも可能です。ジェネリック医薬品は先発薬に比べてコストをかなり軽減することができ、お財布にとても優しいので、バイアグラなどの価格を懸念していた人にとっても安心して服用することができるのでとてもおすすめです。

バイアグラは病院の処方が必要ですが、通販を利用すれば誰にも知られずに秘密で、簡単に購入する事が可能です。ただしバイアグラの偽物を販売している悪質な業者もあるので注意が必要です。信頼できる安全なサイトから購入するようにしましょう。