ED・勃起不全の改善

最近勃起しにくい、持続しない、硬さが不十分など男性器に関して違和感がある場合は、生活習慣病である可能性もおおいに考えられます。生活習慣病とは、日常生活を普通に営んでいる中に存在する原因で、本人が気づかずに体を蝕んでいく恐ろしい病です。主に乱れた食生活や運動不足、寝不足やストレスなどが原因と考えられています。

逆にいえば、生活習慣病が改善できれば、EDも改善できる可能性があるのです。医療機関が推奨する生活習慣病の改善法は、運動療法と食事療法です。EDも生活習慣病の改善方法と同様に、運動と食事で改善できます。

ED改善生活習慣①食事


ED改善生活習慣①食事

血流改善に一番大切なのは、まず食生活の改善です。脂質や塩分を過剰に摂取し続けていると、血液がドロドロになり、正常に血液が送られず勃起がうまく起こりません。またメタボリックのど肥満や生活習慣病の診断を受けている方の、EDの罹患率は高いと言われているので、体質改善をすることで、EDの予防になると言えます。ぜひ積極的に摂って欲しいのは、血液をサラサラな状態にしてくれる栄養素を多く含む、「青魚類」「海藻類」「たまねぎ」「納豆」は、体を健康な状態に保つためにもぜひ食べてください。血液がドロドロな状態だと多くの病気や疾患の原因になります。

症状が悪化すると、EDだけでなく高血圧症や心臓病になり、ばいあぐらを服用することが出来なくなります。セックスを楽しめないばかりか、日常生活にも支障が出てしまいます。また、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1などの代謝を促進してくれるビタミンも意識して摂るようにすると効果的です。またメジャーなのは、精力増進の効果がある「牡蠣」や「ウナギ」もオススメな食材です。セックスをする上で体力は欠かせないので精力のつくものを食べるようにしましょう。また「アボカド」も男性ホルモンの生産を促してくれるビタミンB6を多く含んでいます。 もちろん上記のものを積極的に摂取した上で、脂身の多い食事や中性脂肪やコレステロールを含む食事を控えることも大変重要です。

ED改善生活習慣②タバコ


ED改善生活習慣②タバコ

喫煙すると血管が著しく収縮するので、血流が止まり、血行自体も阻害され、その結果血行が悪くなります。さらに日常的に喫煙する事で、血管が萎縮しきった状態と、ドロドロで流れが悪くなった血液のせいで、慢性的なEDになる事もあります。ちなみに、自分が吸わなくても、日常的に副流煙を吸う状況では、ほぼ同じ影響を受けてしまいます。

ED改善生活習慣③運動やスポーツ


ED改善生活習慣③運動やスポーツ

これは常識中の常識!健康的な生活習慣の中には絶対にランクインしているのが運動生活です。勃起力回復という側面から見ると、運動やスポーツが良いというよりも筋肉を使い筋肉をつけることが重要なんです。だから、スポーツじゃなくても筋トレでも勃起力アップという面では全然OKです。人間の体(特に男)は激しく筋肉を使うと筋肉の細胞が壊れます。これを修復する時に筋肉痛が起こるわけですが、この筋肉細胞を修復させる時に体は男性ホルモンを多く分泌するような仕組みになっています。

これは医学会の実験データでも立証されていることなので、男性ホルモンを増やしたいなら、運動やスポーツを行って筋肉を使い男性ホルモンの分泌を促して上げましょう。とにかく筋肉を鍛えることが重要です。特に中年男性で運動から遠のいた生活をしている人は、運動生活を気をつけるだけで勃起力は回復する可能性だってあります。